ビデオと映画

昨晩、ビデオの整理をしていたら「エイリアン2 完全版」
なるものが出てきた。
その時点でやる気をなくし、即再生。
2時間以上見てもうた。

どこが完全版なのかは、忘れていて解らずじまいだったが
結末はよーく覚えていた。
また、整理してて「エイリアン3」が出てこないかなあ。

で、今日は朝からレギュラーの「ポチたま」を見て
昼過ぎからひっさしぶりの「Mrビーン」を見に行きました。

笑った笑ったイギリス・ジョーク
泣いてしましました、馬鹿馬鹿すぎて。

ローワン・アトキンソンはおもろい、
実際、隣に居たりすると完璧変態だけど。

その後、映画館を移動して「28週間後」を鑑賞
「28日後」の続編で、
ウィルスで人間がパンク過ぎるゾンビに変化する映画。
誰がどうやって生き残るのか?

在り得ない事じゃないよねと思わせてしまう
現実味が怖い映画でした。

怖がって、和んで、笑って、また怖がって
と言う昨晩からのおっさんだわね。
[PR]

# by dj-bunya | 2008-01-19 23:40 | おっさんの日々と音盤

ブレイク・オン・スルーで小山卓治さん

今日は絶好調!!!

朝からドアーズを聞きながら、29日放送分の原稿書き
曲も進めば、筆(PC)も進むてなもんで、
お昼も手軽に済ませて、レッツ・ゴーてなもんで
何時もは一日半ぐらいはぐだぐだ掛かるのを
なんと、もう終了。

ジム・モリソンの亡霊に急かされたのかも・・・・

で、今は熊本出身のシンガー・ソング・ライターで
ロックン・ローラー「小山卓治」。


彼自らの監修のもとリマスターされた
’83~'87までのアルバムを聞き始めました。

「NG」「ひまわり」「Passing」「The Fool」
「微熱夜 12inch Single Collection」
そして、「VANISHING POINT」の6枚。
それに、ボーナスでレア・トラックが収録されています。


その当時は、アナログ盤で聞いたものですが、
デジタル・リマスターされたTHE CONXとの音のクリアなこと
吐き出すように叩きつける卓治君のボーカルが迫ってきます。

フィルム・ガール、カーニバル、西からの便りetc
時代を超えて、人間の息吹が聞こえてきます。

熊本が地元ですから、熊本には友人、かつてのバンド・メイトの方も多いでしょう
是非、聞いてみてください。

この街では誰もが東を目指している
出ていかなければ弱虫と呼ばれ
帰って来れば負け犬と笑われる

この叫びは今でもグッと来てしょうがない。
[PR]

# by dj-bunya | 2008-01-18 17:09 | おっさんの日々と音盤

生、藤田まことさん

今日の試写会は舞台挨拶もありました。

主演の藤田まことさんと
監督の小泉堯史(たかし)監督が来熊されました。
小泉さんは「阿弥陀堂だより」、「博士の愛した数式」
などを手掛けられた監督で、淡淡とした映像に
熱いメッセージをこめられる監督と思います。

この映画も第二次世界大戦終了後の戦犯裁判が舞台

部下を守り、家族を愛し、人間として、日本人として
そして、軍人としての尊厳を失わず、戦い抜いた
実在の人物「岡田資(たすく)中将」の裁判を中心に
描いた映画です。

戦争のもたらす狂気、次世代への希望、そして平和への祈りが
こめられた映画です。

赤ちゃんの笑顔がいかに素晴らしい、崇高なものか003.gif003.gif

公開は3/1です。是非是非。

おまけ

藤田まことさんのギャラが出来高制と言うことを
白状していらっしゃいました。

また、終って監督がお客さんを見送って下さったのも
感動でした。
040.gif
[PR]

# by dj-bunya | 2008-01-17 22:48 | おっさんの日々と音盤

1,2,3,4 カジワラさん

昨日のブログでも触れたネタを今日の生放送まで
引っ張ってしましました。

テレフォンズの曲、Sick Rocksのオリジナル歌詞は
1,2,3,4 Can't You Understandだったかな?

聞きようによってはこう聞こえると言う空耳ネタです、ハイ。
アーティストに関して詳しくはfmkのHPを参照くださいね。

しかし、その昔、おっさんもローハイドを

ローレン、ローレン、ローレン、ローレンビッシイ、ローレン
ローハーイ、ハーイ、ピシッツ

なんて耳できいたとうり歌っていた田舎のハナタレ少年でしたのら。

さあ、今夜はまたまた試写会
「明日への遺言」と言う、藤田まことさんの演技がすばらしい
人間の資質を問う、そして平和への願いの映画です。
[PR]

# by dj-bunya | 2008-01-17 16:49 | おっさんの日々と音盤

今日水曜?

番組の録音の準備で半日費やし
夕方からスタジオに入って宵の口で終わった。

ラジオ局内で流れているU2を聞いていたら
動く気がしなくなった。

U2は3回ほど見ているけど、1番印象に残っているのは
初来日の大阪公演かな、まだ若いボノが白旗を振って
煽っていたのを覚えています。
アルバム「WAR」を出してすぐだったなあ。

あっ、パワー・ウェイヴでテレホンズが流れてきた
同居人曰く「1,2,3,4 カジワラさん」のサビ。

そう思うとそう聞こえてくる。

つれづれなるままにでした。

さあ、ちょこっと飲みに行こうっと
昨日休肝したし、でへ。
[PR]

# by dj-bunya | 2008-01-16 19:44 | おっさんの日々と音盤