<   2011年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

R&R PIANO MAN 伊東ミキオさん

今日のfm791生放送「HeratbeatCityClub」のゲストは熊本が生んだ
R&R PIANO MAN ミッキーこと伊東ミキオさんでした。

DVD発売記念LIVEが12/3(土)19:00~@バトル・ステージで行われます。
今や日本のロック・シーンになくてはならないピアノ・マンの一人。
c0125283_205450100.jpg

c0125283_2055528.jpg

c0125283_20551773.jpg

ライヴやセッションなどの話で盛り上がりました。

THEイナズマ戦隊からウルフルズ、THE MODS,最も新しいところでは石橋 凌さんなど
枚挙に暇がないほど数多くのミュージシャンの
ライヴ、レコーディングに参加しているプレイヤー。

誇るべきミュージシャンとしてもっと多くの熊本の人に知って欲しい一人です。
[PR]

by dj-bunya | 2011-11-30 20:59 | おっさんの日々と音盤

THE HIATUSのウエノさん

昨夜は熊本ドラムBE-9 V1で「THE HIATUS」のライヴがありました。

1年半ぶりぐらいの来熊で会場はパンパン。

そんななかでスタートしたライヴは、
前回とはまた違う表情を持ったサウンドを次々と繰り出すもの。

アコーステックをメインにしたオーガニックなサウンドから
うねりを持ったヘヴィなエレクトリック・サウンドまで
フロント・マンの細見さんの言う
「同じ事はやりたくない」
のポリシーが貫かれたものでした。

その懐の深さに感銘を受けながら思い切り楽しませてもらいました。

そして、このバンドのベーシストはTMGE以来の御付き合い
「ウエノコウジ」さん。
ライヴ終わって感想をお話したら
「結構、大変なのよ・・でも、楽しいっしょ」
とおっしゃってました。

c0125283_13141344.jpg


顔のおっきい方が前でさらにおっきく写ってない?
[PR]

by dj-bunya | 2011-11-30 13:18 | おっさんの日々と音盤

最近、VIDEOが多いが・・・

最近、おっさんの日常の動向より
やたらVIDEOを紹介しているのが多いと自分でも判っています。

ま、これもサイクルと思って楽しんでください。

おっさんの日常も忘れてはいませんので・・・・自己納得。

今日の1曲はこれ。



です、日本ではビッグ・ヒットにはなりませんでしたが
アメリカではザ・ムーディ・ブルースの歴史を覆すほど大うけしました。
[PR]

by dj-bunya | 2011-11-29 15:55 | 今日の1曲

望郷の果て・・・良い邦題と思うよおっさんは。

おはようございます。
また新しい1週間のスタートです。
週の途中で師走に月も代わります。
なにかと忙しい年末に入りますが、楽しい2012年に向けてれっつら・ご~しましょう。
で、今日の1曲。


丘を越えてはるか遠くへ、「望郷の果て」と言う邦題が郷愁と哀愁を誘いました。
アイルランドの旋律が見事に溶け合った亡きゲイリー・ムーアの佳曲。
[PR]

by dj-bunya | 2011-11-28 11:06 | 今日の1曲

日曜日の朝にアフリカンは如何?



80年代初期日本でも人気があったアフリカ、ナイジェリアのミュージシャン
「キング・サニー・アデ」
彼が83年リリースしたアルバムのタイトル・トラックのライヴ
「シンクロ・シシステム」
シンクロ~~~・システム!って言うイントロからン、チャカ、チャカチャカ繰り出されるリズム。
たまらないですね。
[PR]

by dj-bunya | 2011-11-27 10:32 | 今日の1曲

久しぶりの犬君

今日言った阿蘇、高森「月廻り温泉」の「タロウくん」
c0125283_19303321.jpg

気ままに放し飼いで公園の見張りをしているようです。

車の窓を開けて「タロウ」と声をかけたら
「なんだ、なんだ」
みたいな感じで近づいてきて
「あっ、知らないおじさんだ」
てな感じで立ち止まってよそをむいてしまいました。

可愛いぞ「タロウ」
[PR]

by dj-bunya | 2011-11-25 19:34 | おっさんの日々と音盤

久しぶりに月廻り温泉

c0125283_139864.jpg

半年ぶりぐらいに高森まで温泉入りに来ました。寒くなると温泉は芯からあったまってよかバイね。
[PR]

by dj-bunya | 2011-11-25 13:09 |

ジュリーのコンサート後 、ライヴとは関係なく号泣の同居人。

昨晩の沢田研二さんのライヴは、元タイガースのメンバー
森本太郎、岸部一徳、瞳みのると言う3人をゲストに迎えて
ビートルズ、ストーンズ、デイヴ・クラーク・ファイヴなどのカヴァー数曲以外は
全てザ・タイガースの往年のヒット曲、名曲の数々と言う懐かしいコンサートでした。

だが、しかし
おっさんと同居人は、そのサポート・ギタリストとして静かにギターをプレイしている
元ルースターズ、ロックン・ロール・ジプシーズの下山 淳さんがお目当て。

他では見られない佇まいが楽しめるライヴなのであります。

勿論、終わって楽屋で再会
「来てると思ったんだよな」
とニヒルに笑いながらの言葉を頂きました(笑)

だが、しかし、だが、しかし
その楽屋に行く前が一騒動。

コンサート終わって楽屋に案内して頂くのをロビーで待っていると
同居人の名前を呼びながら近寄ってくる一人の女性が出現。

えっ、と言いながら記憶をめまぐるしく探しているような同居人。
そして、メモリーから相手の顔を探し出した途端
その疑心暗鬼のような表情が一転して驚愕の表情に・・・・
開かれた口から出た言葉はなんと・・・
「あんた亡くなったんじゃなかったと・・・」
その瞬間に顔がぐしゃぐしゃになり、大粒の涙が・・・
後は二人で抱き合って・・・・・

すぐ側で何がナンだか見当も付かず
コンサート終わって出口に向かう大勢の人の中で途方に暮れるおっさん。

ただただ、その二人が落ち着くのを待っている状況でしたが
まだ事態の収拾がつかないうちに
イベンターの方が楽屋に案内しますと言ってくるは
時間ガないので急いでくださいと言われるわ
見るとまだ泣き止んでいないわ・・・・・

とりあえず下山さんを待たせるわけにはいかないので
同居人に連絡先だけ聞かせ泣き顔をなんとか修復させながら無理やり楽屋へ・・・


で、下山さんと会った・・と言う先ほどの状態でした。

ゆっくりなって話を聞いたら
再会した彼女は高校の同級生で結婚前に青春を謳歌した友人。
30年ほど前から連絡が取れなくなり、風の噂で亡くなったと聞いていたそうな。

そりや驚くわね。でも噂は信じちゃいけないね(山本リンダも歌っていますが・・)

でも、先のタイガースの4人が揃って演奏するのは40年ぶりらしいですが
そんなコンサートの後で30年ぶりの再会をするなんて
なんだか不思議な縁を感じてしまいました。

お導きか(笑)

ながながと個人的な話を読んで頂き恐縮です。
[PR]

by dj-bunya | 2011-11-25 09:54 | おっさんの日々と音盤

ブルッとくる雪景色なPV、エコバニ。


真夏に見れば涼しさ満点でしょうが、今の時期にはブルブルかも。

エコー&ザ・バニーメン、実にUKらしいサウンドを持ったバンドです。

この当時、日本で「ZIGZAG」日本版と言う
ニュー・ウェイヴ、ポスト・パンク・バンドを中心に扱った音楽雑誌があり
定期購読してむさぼり読んだのを憶えています。
エコバニもよく登場していましたね。

まだ、本棚の隅にあるかも・・・、見つけらUPしよう。
[PR]

by dj-bunya | 2011-11-24 09:34 | 今日の1曲

the blue nile 83年デビューからアルバム4枚!!



1983年にデビューして以来アルバムをたった4枚しかリリースしていない
スコットランド、グラスゴーの3ピース「ザ・ブルー・ナイル」。
当時インタビューした高橋幸宏さんから教えてもらったバンドでした。
どこかひんやりした大人なポップ・フィーリングがステキです。
今でもたまにアルバム引っ張り出して聞いています。

隠れた逸品!!
[PR]

by dj-bunya | 2011-11-23 10:58 | 今日の1曲