ぶ男→ハンサム

今夜は「ハンサム・スーツ」の業務試写会でした。

ドランクドラゴンの塚地さんが、谷原章介さんに変身する。
つまり、ぶ男が良い男になれるスーツを着て人気者になってしまう。

中味は良いけど、見た目が悪けりゃ、女性にもてない
やはり人間はルックスが良ければ最高と思い始める、ぶ男。

そこに人間は見た目ではなく、中味を見て欲しいという美人と
ぶ男の時に一緒にいて和める不美人が登場。

見た目が全てなのかな?
人間の幸せとはなんなのかな?

出演者も個性的で良い役者さんが勢ぞろい

いっぱい笑って、ちょっとだけ考えて、ふんわり幸せになる映画でした。

僕は「イケメン」じゃなく、あえて「ハンサム」とした処にもグッときました。

渡辺美里「マイ・レヴォリューション」、久保田利伸「ラ・ラ・ラ・ラブソング」
佐野元春「サムディ」、ユニコーン「大迷惑」など音楽も楽しい使い方。

ちょっぴり古いギャグ満載で
11/1(土)公開です。

場内が明るくなるまで、席を立たないで下さいね。
[PR]

by dj-bunya | 2008-09-25 00:23 | おっさんの日々と音盤