熊本バトル・ステージ3夜連続#3

昨日は生放送終って、一旦帰宅。

夕方から外出、そう、熊本バトル・ステージ3夜連続#3
最終日「ビート・クルセイダース」のライヴに参戦するため。

椿屋四重奏、アジカンときてビークル。

椿屋はメンバーの同級生も多かったので、ちょっとだけ年齢層が高かったのですが
アジカン、ビークルは、ほぼ同じ。

なのにこうもノリが違うのか?

アジカンでも結構跳ねてたのですが、流石ビークル、
ビートが速い分、そのエネルギーもハンパない。

前は密集しすぎて上にしか飛べない、
その後ろは前につめたぶん余裕が出来て、横に上にモッシュ、モッシュ。

禁止になっていても頭の上を人がゴロゴロ、ゴロゴロ
男女問わず前までゴロゴロ、ゴロゴロ。

しかし、激しいながら、ちゃんとお互い気遣って

落ちた眼鏡を皆が探してくれるシーンもあり

激しかったわりには倒れ込んだ人もいなくて素晴らしいお客さん。

帰りは皆さん、大満足の顔(*^。^*)でした。

クラシック・ロックへのリスペクトも感じる
楽しいライヴで3日間を締められたおっさんも大満足!

熊本ロック組若頭、バトル・ステージ店長の林田氏と
彼の行きつけのお店、駕町通りにある「央」で打ち上げ。

美味しい料理と焼酎、お店の方も巻き込んで色んな話で盛り上がりました。

その帰りにスクープされたのがこれ。
c0125283_11144789.jpg


きてま~~~~す!
[PR]

by dj-bunya | 2008-06-27 11:19 | おっさんの日々と音盤