熊本バトル・ステージ3夜連続#2

午前中は目的も無くなんやらかんやら。

昼前から本格的に仕事に突入!

こんなCD聞きながら、録音の準備。
c0125283_22245014.jpg

イエスの中期から後期
アナログ2枚組全4曲と言う「海洋地形学の物語」から
アルバム1枚に8曲収録しコンパクトになってきた「トーマト」まで
徐々に80年代のエイジア、GTRと言う様なコンパクト・プログレに
近づいてくるのが、面白い。
そして、その先にはイエス「ロンリー・ハート」があります。

夕方までイエス三昧して、昨日と同じようにバトル・ステージにお出かけ。

今夜は「アジアン・カンフー・ジェネレーション」、略してアジカンのライヴでした。

ソールド・アウトで、始まる前から熱気ムンムン。

今年3月リリースしたアルバム「ワールド ワールド ワールド」と
リリースしたばかりのミニ・アルバム「未だ見ぬ明日に」を中心に
ヒット曲も織り交ぜながら、次々に演奏。

合唱、掛け声、ハンズ・アップと最高の盛り上がり
バンドもツアー終盤で、余裕のステージ展開てな感じ。

男臭いライヴに触れる機会が多い、おっさんにとっては
今夜のピュアなノリは非常に新鮮でした。

さあ、明日は3日目「ビート・クルセイダース」だっ!
[PR]

by dj-bunya | 2008-06-25 22:56 | おっさんの日々と音盤