週の始まりは夏みたい!

もう~~~、暑う!

座って仕事しているだけで汗ばむような日中ですわ。

朝から明日の録音の準備でCD聞きながら原稿手書きと言う
いつもと変わらぬ週の始まり。

昼過ぎまで、続けていると真夏と言わんばかりの陽がカーテン越しに
部屋に差し込んできます。

そんな中で聞いていたのは新譜中心のこんなアルバム
c0125283_153628.jpg

左から今やマイケルを越したと言われるブラック・ミュージック・シーンの
ヒット・メーカー「アッシャー」のニュー・アルバム。
歌うまいし、バラエティーに富んだ楽曲で、帯びの完全無欠がうなずけます。

そのとなりは、ロックよりのHIPHOPを聞かせる「マナフェスト」
去年前作が出た時、一人リンキン・パークなんて言われましたが、
今作もその路線をスケール・アップした迫力物で、若い世代の
ミクスチュアー・ファンにはバッチリです。

3枚目はファーギー、ビヨンセ、ネリー、さきのアッシャーなどに
楽曲を提供して、NO.1トラックを大量生産してきた本人のリード・アルバム。
「ターボ919」のタイトルどうり、凄い馬力のトラックが勢ぞろいしています。
勿論、ゲスト・アーティスト、プロデューサーは超豪華!

そして、最後は
6/25リリースのニュートン・フォークナー、アルバム「ハンド・ヒル・バイ・ロボッツ」。
まだ試聴の段階ですが、タッピング・ギターといい感じでリラックスしたボーカルが
すごく気持ちいいです。
これ持って海に行きたいなあ。

まだまだ日は高い、今日はまだCDとお付き合いだな。
[PR]

by dj-bunya | 2008-05-26 15:13 | おっさんの日々と音盤