映画の話

「最高の人生の見つけ方」と言う映画を見ました。

主演がモーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンの二人
もうこれだけでやられた感がありありです。

歴史研究家の夢を家族の為に捨てて46年間自動車修理工を続けた男が
モーガン・フリーマン演じるカーター。

家族を犠牲にしてでも、金儲けに走り一代で10億ドルの資産を作った男が
ジャック・ニコルソン演じるエドワード。

余命半年の宣告を受けた二人が、同室に入院。
カーターが書いた棺おけリスト、残された時間で、このやりたいリストを
エドワードの財力を使って実行していく二人。

その中で全く運命の違う二人の老人が、自分の人生を振り返りつつ
家族とは、生きるとは、愛とはなどなどを検証していきます。

二人の演技の素晴らしさは言うまでもなく

老獪であり、純粋でもあるこの老人たちの生き方に
教えられることこの上なし。

たった2ヶ月でそれまでの人生で出会った事のない友になった二人。


モーガン・フリーマンの笑顔と知的な語り口
ジャック・ニコルソンの憎たらしいぐらいのひねくれぶりと
男臭さ、そして秘書とのやり取りは最高です。

絶品の映画です。
[PR]

by dj-bunya | 2008-05-11 16:17 | おっさんの日々と音盤