30年目の初告白

今日はジョン・レノンの命日。

もうあれから30年経ったのか・・・

当時「サタデー・ミュージック・スペシャル(SMS)」と言う
TV番組のVJ(その当時はこの言葉はなかったが)をやっていた。

番組スタッフもビートルズには影響を受けた人ばかりで大騒ぎ。

その週のメニューは決まっていたが急遽内容を変更して
「ジョン・レノン」の追悼番組を放送することになった。

アルバム「ダブル・ファンタジー」がリリースされたばかりの頃だったが
「スターティング・オーヴァー」のPVはなかった為に
ジャケットや風景などを撮影し、他のPVから映像だけ使ったりして
勝手に映像を作り上げ音楽をかぶせて(今では著作権などで許されないだろうが)
オリジナルのPVを作って放送したのを覚えています。

悲しみにくれたような放送になり
番組を見た方や音楽ファンからジョンが亡くなって悲しいですねと声をかけられたりしたが

ごめんなさい
僕は少しもそんな気持ちにはなってなかったのです。

なぜならその5日前に二つ下の妹を病気で亡くしていたから・・・

番組スタッフはその事を知っていたがあえて触れる事もせず
僕も公私を割り切ってジョンの追悼番組をやったが

心の中は複雑だった。

27歳のおっさんにはジョンの死より、妹の死のほうが重かった・・

それからしばらくは、12月になってジョンの命日の話題が出てくると
なにか素直になれない若い自分もいたが

今ではジョンの音楽が多く流れるこの時期になると
当時を思い出し、妹を思い出し、人生を振り返っているような・・・
逆に穏やかになっている自分がいるようです。

ちなみに僕が同居人と結婚したのも同じ年。

1980年は良い事も悲しい事も公私共に忘れることの出来ない出来事があった年だ。

もう30年経ったのか・・・

c0125283_19571057.jpg

[PR]

by dj-bunya | 2010-12-08 11:12 | おっさんの日々と音盤