風のように歌う

昨夜はブリック・ア・ブラックで「花田裕之」さんと
」のツーマン・ライブでした。

まず、鮫からスタート、今回は弾き語りの花田さんに合わせて「アコ鮫」
c0125283_1050498.jpg

c0125283_10511855.jpg

まもなく2ndミニ・アルバムも完成するそうで
充実感を漂よわせながらも、それでいて切り口の鋭い「鮫ワールド」を
聞かせてくれました。
5/21には熊本BE-9で「SOUND BLOW」というイベント出演も決定
是非、お出かけ下さい。

そして、ふらりとステージに上がって歌いだした「花田裕之」さん
c0125283_10553953.jpg

c0125283_10555130.jpg

テレキャスター・モデルを弾く花田さんは珍しいかも
c0125283_10564012.jpg

オリジナルは勿論、ルースターズ、ジプシーズのナンバー
ニール・ヤング、ストーンズのカヴァー
そして、チューリップや吉田拓郎のカヴァーまで
歌いたい欲望のままに、30分強のステージを2回。

最後はステージを一旦降りることをせず
「ここからはアンコールってことで聞いて下さい」のMCで
アンコールをやって終了。

ほとんどMCなしにも関わらず、無愛想、ぶっきらぼうという感じがなく
歌とギターが風が吹くように心を流れていく感じ。

ルースターズ時代にこんな花田さんを誰が想像しただろうか?
ソロ・ライヴを始めて4年、ツアー・タイトル「流れ」がピシャリとはまっている。

c0125283_1154420.jpg

楽しい時間を共有できて嬉しかったです。
c0125283_1163586.jpg

[PR]

by dj-bunya | 2009-05-06 11:08 | おっさんの日々と音盤