牧 伸二 と 高木ブー

このタイトルを見てすぐ「ウクレレ」を思い出す方も多いでしょう。
ハワイアンに欠かせない、ギターより2本弦が少なく、ボディも小さい「ウクレレ」。

どちらかと言うと癒し系のおっとりゆったりと言う感の強いそんな楽器を
あるときは叫ぶように、あるときはすすり泣き、またあるときは微笑みかけるように
表情豊かに変幻自在にプレイする人のコンサートを昨日楽しんできました。

プレイヤーは「ジェイク・シマブクロ」、日系5世のハワイ在住のアーティストです。
場所は熊本県立劇場、演劇ホール。

見るからにフレンドリーなジェイクが繰り出す曲は
およそ日本人が想像している「ウクレレ」の弾き方とは別次元のものでした。

途中、ゲスト・シンガーの「J-Min」を迎えて
2曲ほどのボーカル・チューンもありましたが、
他は「ウクレレ」1本で聞かせる、聞かせるコンサートでした。

オリジナル曲も素晴らしかったのですが
ジョージ・ハリスンの「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」
マイケル・ジャクソンの「スリラー」など意表をつくようなカヴァー曲にも脱帽。

また、オリジナルにディープ・パープルやジミ・ヘンのフレーズを織り込む
遊び心も素晴らしく、あっという間の2時間でした。

「また、来るよ」みたいな事も言ってましたので今回見逃した方は
次回是非!!!
[PR]

by dj-bunya | 2008-10-28 15:21 | おっさんの日々と音盤